« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »

2005年1月の18件の記事

2005年1月26日 (水)

荻窪「鳥もと」!

つづき

阿佐ヶ谷「鳥久」を後にしての、次の途中下車は、荻窪駅です!

北口に降り立ち、すぐ右側にある「鳥もと」を狙います。
荻窪駅に降りて北口を通る時、いつも気になっていたお店です。
半分立ち飲み形式で、ビニールのテントに囲まれたような、まさに焼き鳥屋という雰囲気!

050126「鳥もと」01.jpg 050126「鳥もと」02.jpg

050126「鳥もと」03.jpg 050126「鳥もと」04.jpg

△お店情報 焼き鳥「鳥もと」
住所:東京都杉並区上荻1-7-1
電話番号:03-3392-0865
営業時間:(平日)13:00~24:00、(日祝)12:00~23:00
定休日:無休

<おわり!>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

阿佐ヶ谷「鳥久」!

本日は、妻がお出かけで、放し飼い状態のため、中央線各駅停車の旅を企画(笑い)!

仕事も何とか残業もほとんどせずに切り上げられた、さーいくぞっと出発!

何となく焼き鳥モードになっていたので、かねてより狙っていた(dancyu.2003.05.「赤提灯が誘う“中央線”に地鶏を探せ」.P133にて紹介されていた)、「鳥久」に寄るべく、先ずは阿佐ヶ谷で途中下車!

お店は、阿佐ヶ谷駅北口に降り立ち、左側(西側方面)に向かい、スターロードという飲食店が集まった通りを2,3分歩いたところにありました。
いかにも美味しそうな雰囲気が伝わってくる、期待させる店構えです!

050126「鳥久」01.jpg

先ずは、生ビールをいただきながら、メニューから串を選びます。
レバー、つくね、首肉の3種を塩でお願いしました。
どれもが、やはり焼き鳥やさん!というお味でした。

050126「鳥久」02.jpg

お店は、カウンターに5,6名程度、テーブル席が3つ程度のこじんまりした雰囲気で、何となくインテリ風のマスターと女将さんの2人で切り盛りしているよう。
生の次は、熱燗をいただく。寒風の日の熱燗、焼き鳥はもう定番ですね。

050126「鳥久」03.jpg 050126「鳥久」04.jpg

もう少しお腹がすいていたので、迷った末、から揚げを追加注文します。
竜田揚げのジューシーなお味で、また焼き鳥とは違って美味しかったです。

050126「鳥久」05.jpg

一時間程度おじゃまして、〆て1,970円也でした。

△お店情報 「鳥久(とりきゅう)」
住所:東京都杉並区阿佐ヶ谷北2-12-22
電話番号:03-3310-2606
営業時間:17:00~25:00
定休日:日曜、祝日不定休

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年1月22日 (土)

またまた築地「八千代」!

つづき

土曜日のお昼、またまた築地に昼食を食べに行きます。

雑誌、テレビへの登場回数も最近非常に増え、築地界隈の食事処はどこも、大変な混雑状態。
6号館「寿司大」「大和寿司」なども1~2時間は待つだろうというとぐろ巻き状態の混雑ぶりです。

ということで、本日もフライの「八千代」に行くこととします。 

050122「築地」02.jpg 050122「築地」01.jpg

壁一面の多数のメニューに、今日も目移りしてしまいます。
名物の一つ「チャーシューエッグ定食」と半ば決めていたのですが、結局季節物のカキをまた食べたいと思い、「ホタテ・カキフライ」1,200円也を注文してしまいます。

050122「築地」03.jpg

前回同様、美味しいカキと半分レア状態のホタテが絶品でした。本日も大満足でした!

この混雑状態も当分は続くのでしょうか?

それでも、また美味しい昼食を食べに「築地界隈」に来たいと思います!

前回の訪問:<04.12.18

<おわり!>

| | コメント (2) | トラックバック (4)

表参道、銀座、汐留...!

カレンダー通りお休みの土曜日、やぼようで出かけることとなり、
ついでに築地で昼食をと思い、車を走らせます。

少し寄り道をしながらと思い、いつもと違う道を選んで走ります。
井の頭通りを経由して、表参道へ、ブランドショップ等も多数建っているところです。
おなじみの安藤忠雄の同潤会青山アパートの建て替え現場を横目で見つつ走り抜けていきます。

050122「道すがら」01.jpg 050122「道すがら」02.jpg

さらに、246(青山通り)を経由して、皇居、銀座と走っていきます。

築地で昼食を済ませた後、豊洲埠頭へ行き、汐留の全景を見ました。
反対方向にはレインボーブリッジも見えます。

050122「道すがら」03.jpg 050122「道すがら」04.jpg

日々変貌する、東京のあちこちをこんな風に見て回るのもなかなか面白いですね!

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年1月21日 (金)

初「川名」!

週末の金曜日、残業の後、阿佐ヶ谷駅で途中下車し、初の「川名」に行きます。
ここは、「居酒屋礼賛」にもよく登場するお店で、魚が安くて美味いということで一度訪問したいと思っていた店です。
阿佐ヶ谷駅北口に降り立ち、駅広を超えて「てんや」の西側の中通りを抜けて、右折して直ぐ左折し、緩やかなカーブをえがく、歩いていてなかなか楽しい旧中杉通りを歩いて、約10分程度でしょうか?、
右側に赤提灯の灯る「川名」の看板を発見。

050121「川名」01.jpg

到着したのは21:30頃、店の中を覗いてみると、カウンターに2,3人、テーブルにも1人程度、奥は見えない、といった状況でした。
週末金曜日の夜としては、以外に空いているなという印象です。

初めての店なのでちょっと緊張しつつ、中に入り進められたカウンター中央あたりに腰掛けます。
飲み物は先ず、黒ホッピーを注文します。
ほどなく運ばれてきたホッピーを飲みつつ、店内のあちこち・目の前に張られたメニューなどを見入り、つまみを物色します。
お腹もすいていたので、ゴーヤチャンプル、まぐろぶつを注文しました。

少し落ち着いたので、「居酒屋礼賛」に書かれていた様子を思い出しつつ、再度ゆっくりメニューを眺めたり、他のお客さん・店の中の様子などを観察します。
想像していたイメージとはちょっと違う感じですね~
お客さんが少なかったせいもあるかな?

050121「川名」02.jpg 050121「川名」04.jpg

050121「川名」03.jpg 050121「川名」05.jpg

そうこうしていると、つまみが到着する前に最初のグラスがからになり、中を注文することとします。
焼き物もお勧めと聞いていたので、はつ・かしら・つくね等も続いて注文します。

焼き物が来る頃には、2杯目のホッピーもからとなってしまい、熱燗(大)も注文します。

050121「川名」06.jpg 050121「川名」07.jpg

つまみも酒も空いたところで、1時間程度たったでしょうか?
〆てもらい、2,131円也で初の川名訪問を終了します。

今度は、常連さんなどもお誘いして、再訪問したいと思います。
一人飲みも悪くありませんが、出来れば話し相手がいる方が、私は好きかな!

△お店情報 居酒屋「川名」
住所:東京都杉並区阿佐谷北3-11-20
電話番号:03-3339-3079
営業時間:16:00~23:00
定休日:月曜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年1月18日 (火)

今日の一枚「富士山」!

おはようございます!

週明けから天気の良い日が続き、職場の窓から素晴らしい景色が見えるので、シャッターを思わず押してみました。
最近、ブログにupするために、大抵デジカメを持ち歩いています。

室内からのためか、写真の腕もわるいためか、空気感のようなものはなかなか伝えられないですね!

050118「富士山」03.jpg

日記をupしたいネタが昨年末のものも含め、多数あるのですが、気が乗らないとなかなか書けず、日時が前後しております。

気長~に見てやってください(原則として、記載日時ではなく、実際の日時で掲載しております。)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年1月15日 (土)

寄り道blogオフ会、その後!

つづき

1次会後の全貌はよくわかりませんが、
竹よし→PURE→秋元屋・・・→PURE?、竹よし→秋元屋・・・→PURE? というように何人かずつに分かれていったようです。
私は、野方まで一駅のりFj氏ほかと「秋元屋」に流れました。初、「秋元屋」です。

050115「秋元屋」01.jpg 050115「秋元屋」02.jpg

050115「秋元屋」03.jpg 050115「秋元屋」04.jpg

050115「秋元屋」05.jpg 050115「秋元屋」06.jpg

途中で、PUREに流れた方々とも合流し、相変わらず飲み食いをしていたようです。
途中、記憶が途切れているところもあるので、デジカメの写真と時間データからの推察もありますが...。(掲示板での後日談の報告を見ると、かなりの方が危ない状態だったようです(笑い)!)

私も、そこそこ飲み食いして、23:30頃に、おさらばしたようでした。

皆様、またまた宜しくお願いします!

秋元屋さん、近いうちに、きちっと味わいたいと思います。どなたかご一緒しましょう!

<おわり!>

| | コメント (0) | トラックバック (1)

竹よしで「寄り道blog」オフ会!

朝から雨模様の寒風吹きすさぶ中を、半ばあきれられつつ家を出発いたします。
今日は、「居酒屋礼賛」の浜田さんが幹事となって、「寄り道blog」で名をはせているhisashiさんファンが集まる、待望のオフ会の開催日でした。
会場は、おなじみ都立家政の「竹よし」さんです。

050115「寄り道オフ会」00.jpg

このオフ会が開催されるまでの顛末は、「居酒屋礼賛」「寄り道blog」などに詳細に語られています。
18:00少し前に会場に到着すると、すでに5,6名が集まり、飲み始めています。
本日主役の寄り道さんは、土曜の出勤のため、まだ到着されていませんでした。
荻窪「やき屋」常連と言われているFjさんは、最初から立ち飲み体制、給仕体制でお酒類のある冷蔵庫前に陣取っていらっしいます。
私は、前2回の食事会ではカウンターに席をとらせていただいたが、今日はカウンターは既に一杯で椅子席の方に詰めて座ります。
早速Fjさんから酒は?の声がかかり、生ビールをお願いして、挨拶もそこそこに何回目かの乾杯の輪に入れていただきます。
ほどなく、主役を初め、掲示板などにて参加表明をされいてるメンバーが、当初から遅刻の連絡があった方を除き参集しました。
本日参集したメンバーは、敬称略・順不同に、寄り道(hisashi)、浜田(居酒屋礼賛)、のの、まりみる・ご主人(ぴっころ)、しんちゃん、Fj、ねもねも、hopper、sprial、にっきー、しげる(私)、高橋、jirocho、ゆきちゃんの15人(だったと思います)。
「竹よし」は、マスターも自認するとおり、魚中心の飲み屋さんですが、本日はママさんお手製の創作料理類が大皿に入れられカウンターを埋め尽くしているのが、先ず目に飛び込んできます。

050115「寄り道オフ会」02.jpg 050115「寄り道オフ会」03.jpg

050115「寄り道オフ会」05.jpg 050115「寄り道オフ会」06.jpg

店の中はごった返し、テーブルも料理で一杯、立ち飲み席もありで、結果ぐるぐると人が入れ替わり、色々な方とお話しすることも出来ました。
私が当日持参した広島は相原酒造の「雨後の月」の限定版も非常に好評で、持っていった甲斐がありました。

050115「寄り道オフ会」01.jpg

マスター自慢の刺身類は、クジラから。

050115「寄り道オフ会」08.jpg

平貝にのせられた、平貝・ホタテの刺身もいつもどおり美味しい!

050115「寄り道オフ会」09.jpg

これまた、ほろ苦い平貝の肝で酒が進む、進みます(笑い)。

050115「寄り道オフ会」07.jpg

“もち米シュウマイ”でしたっけ?

050115「寄り道オフ会」10.jpg

集まった、気のいい面々!

050115「寄り道オフ会」11.jpg 050115「寄り道オフ会」12.jpg

最後に、恒例の皆の自己紹介・近況報告などなどを行い、ママさんのお土産もいただき、一旦解散となりました!! (21:00過ぎだったと思います。)

050115「寄り道オフ会」13.jpg

今日も気のいい、元気な皆さんが集まり、美味しいお酒・肴を飲み食べ、大変楽しい時間を過ごせました。
ふ~っと一息つくと、誰からともなく、2次会行くよ~のかけ声!
2次会は、PURE、野方「秋元屋」などに流れていきました。

当日の様子は、ブログ・HPをやられいている参加者も多かったので、そちらも参照されると、色々な情景描写及び捉え方があって面白いと思います。ちなみに、「寄り道blog」「まりみるのおいしい生活日記」には既にupされています。

(05.01.08)(04.12.27)(04.12.11)

つづく

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2005年1月13日 (木)

立川中華街「避風塘 周記」にて昼食!

午前中は立川駅の南口にあるとある事務所へ、
午後は北口の東京電力立川支店に打合せに行くというスケジュールでした。

ということで、昼食は中間地点の立川駅内にある駅ビルグランデュオ立川7Fにある中華街フロアーに行くこととします。

選んだお店は、「避風塘 周記(ベイフォントン シュウキ)」という初めてはいるお店。

エレベーターの降り口から一番近かったというのと、富士山が眺められる位置だったというのが選んだ理由かな?

050113「立川」00.jpg

窓からは、多摩モノレール越しに富士山が小さく見えます(写真ではほとんど確認できませんが)。

050113「立川」01.jpg

注文したのは、確か“五目チャーハン揚州風”のランチセットです。

050113「立川」02.jpg 050113「立川」03.jpg

まあ、普通に美味しかったです。

△お店情報 「避風塘 周記(ベイフォントン シュウキ)」
住所:東京都立川市柴崎町3-2-1 グランデュオ立川7F
電話番号:042-540-2302
営業時間:11:00~22:00(LO21:30) 定休日:不定休(グランデュオ立川に準ずる) JR立川駅徒歩1分(直結)

参考HP
 公式HP 避風塘 周記
 GRANDUO{グランデュオ立川}フロアー案内
 livedoor グルメ
 Here and There Blog

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年1月 9日 (日)

妻のお土産「牛肉弁当」!

妻が義姉さん、義兄さんとともに山形に行ってきました。

義兄さん一家が、義兄さんの仕事の関連で山形方面に引越しを予定しており、その下見ということであった。

帰りに、牛肉弁当(850円)をお土産に買って帰ってきてくれました。

山形駅、メトロプラザ内1Fの米沢牛専門店「吉田精肉店」にて購入、製造は紅花軒。お薦めですよ!との事でした。

050109「山形」00.jpg

山形牛と米沢牛のブレンドで、味は流石山形牛!ご飯も美味しかったです。

050109「山形」01.jpg

山形に行ったのは、5年前に蔵王にスキー旅行に行って以来で、今回は雪が降っていて、非常に寒かったとのこと。

時間の流れ、人の流れが穏やかで、東京とは全然生活環境が違うな~、という感想でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年1月 8日 (土)

今日の2次会も野方「PURE」!

つづき

新年早々の「竹よし」食事会後の2次会は、またも「PURE」です。

「竹よし」さんからは6名が流れ、もう一人今日の食事会には参加できなかった常連のSさんがPUREで合流。

050108PURE01.jpg

皆、思い思いにカクテルやらビールやらを頼んで、またまた乾杯!!

050108PURE02.jpg

22:00もとっくにまわったというのに、また「竹よし」であれだけ飲み食いしたのに、まだまだ食事系を頼む、健啖家もいる。
でも、マスターの作るオニグラ、オムライスなど、おすそ分けをいただきましたが、とっても美味しかったです。今度、お腹を空かしてきた時には、是非とも食事系もいただきたいな、と思いました。

050108PURE03.jpg

前回の訪問:<04.12.11

<おわり!>

| | コメント (1) | トラックバック (0)

第39回「竹よし」お食事会は“寒ぶり”!

新年第2土曜日の1/8は、前月から予約している都立家政は「竹よし」さんの食事会に行く。

本日のお題目は、寒ブリ。
マスターが揃えた食材は、新潟は佐渡沖の天然物、しかも9.8kgという大物でした。
活〆をねらっていたそうですが、新年早々ということもあり、河岸の品揃えもまだまだで、マスターの眼鏡に叶うものはなかったそうです。非常に残念がっておられました。

マスターのその季節の旬の最高の素材を用意したい、皆に本物を食べさせたいという姿勢には、本当に感服です。
また、それを味わえるなんて、本当に贅沢で幸せだな~としみじみと思いました。

050108「竹よし」00.jpg

17:00頃からの開始で、三々五々と本日の参加メンバーが集まってきます。
私は、先ず“生”をもらい、女将さんの創作料理の先付けをいただきながら、今日の会の始まりです。
鰤も照り焼き、刺身、ぶり大根と次々とマスターの渾身の品々がだされ、美味さにノックアウト状態です。

050108「竹よし」01.jpg 050108「竹よし」02.jpg

大鍋にいっぱい作ってある鰤大根も、臭みは無く、程よい出汁加減で、味が良くしみている。特に大根が絶品!
お刺身も上品な脂がのっており、とっても幸せ!

050108「竹よし」03.jpg 050108「竹よし」04.jpg

途中に寄り道さんが以前お土産に持ってこられたという珍味の「牡蠣の塩辛」がマスターから出される。本当に酒がすすむ一品です。

050108「竹よし」05.jpg

お酒の方も、新年ということで、メンバーの持込が何品かあり、先ずは「神亀」を冷でいただく。
お持ちになられたF氏が燗の方が会うかもということで、早速マスターに燗をつけてもらう。こちらも非常にいけました。

18:00頃に寄り道さんが登場したので、私が持込した広島の酒「富久長」を冷でいただくこととする。
寄り道さんにも喜んでいただけたようで嬉しい限りです。

そして“鰤しゃぶ”。もう、いう言葉がありません。ただ、唸るという感じです。

050108「竹よし」06.jpg

恒例のマスターのお魚談義!
本日は、“ぶり”と“ハマチ”の違いについて。
活〆の鰤であれば、釣り上げて直ぐに血抜きをするので、もっと白い身の状態で食べられ、それが鰤の最高級ということでした。いつかそんな鰤も食べてみたいものです。

今回の食事会は新年早々のためか、結局参加者は8名。そのためか、マスターも厨房の方を早く切り上げることが出来、宴会の輪の中に入っていただく。

050108「竹よし」07.jpg 050108「竹よし」08.jpg

皆の満足そうな顔を見てか、マスターも今日の食事会は満足そう。
本当に美味しそうにお酒を飲み、つまみをつついている。
作り手と飲み手が一体となり、非常に和やかな雰囲気。まさにマスターと女将さんの人柄、そしてこの「竹よし」を愛するお客がこの空間を創っているのでしょう。

050108「竹よし」09.jpg

最後の方に、ぶりの漬けも出される。

050108「竹よし」10.jpg

料理そしてお酒の進み具合等に応じて、女将さんが臨機応変に作ってくれるサイドメニューが素晴らしい。
今日は、鰤のカレー粉風味の竜田揚げが途中で出てきました。鰤の脂っこさをカレー風味が美味く包んでおり、中々の一品です。

このように食事会では、マスターのメイン料理と、女将さんの気のきいた創作料理のコンビネーションが本当に素晴らしい!

この食事会は、魚好き、美味しいお酒好きにとっては、本当に天国のような空間、至福の時間です。一度きたらやみつきになること間違いなしです!!

本日のお開きは、22:00頃でした。5時間も飲んでいたんですね!

前回の訪問:<04.12.27

つづく

| | コメント (2) | トラックバック (1)

「小山商店」へ買出し!

今日は、正月明け早々の3連休初日。

今晩、次週1/15(土)と都立家政の居酒屋「竹よし」に行くこととなっている。

年始ということもあり、自分の好きなお酒を差し入れしようと思い、時々地酒を仕入れに行く「小山商店」に買出しに行くこととします。
寄り道blogにコメントした広島の酒を中心に物色します。

050108「小山商店」01.jpg

目移りするほどの品揃え、新酒も多く、店主“小山喜八氏”の上手な・思わず買いたくなってしまうコメントに、大いに悩む。

結果、広島は相原酒造の「九嶺」斗瓶取り生 限定品、広島は今田酒造の女性杜氏の醸す新酒「富久長」特別純米しぼりたて原酒・「富久長」正花風、島根は王禄酒造の「王禄」超辛口純米直汲などを購入。

今晩の、「竹よし」お食事会には、「富久長」特別純米しぼりたて原酒を持参する予定。
「寄り道」さんは今日はいらっしゃるかな?

050108「小山商店」02.jpg

△本日購入したお酒データ
「九嶺」純米吟醸 斗瓶取り生 限定品
 原料:雄町?、精米歩合:50%、酒度:+5、酸度:1.3、1800ml/3,360円
「富久長」特別純米しぼりたて原酒
 原料:八反錦、精米歩合:58%、酒度:+3、酸度:1.4、1800ml/2,756円
「富久長」正花風 吟醸
 原料:山田錦、精米歩合:55%、酒度:+3~+4、酸度:1.2、1800ml/2,625円
「王禄」超辛口純米直汲
 原料:五百万石、精米歩合:60%、酒度:+7、酸度:2.1、1800ml/2,961円

△お店情報 「小山商店」
住所:東京都多摩市関戸5-15-17
電話番号:042-375-7026
営業時間:(平日・土曜)9:00~21:00、(日曜)10:00~19:00
定休日:毎月第三日曜日 ※臨時に指定休日が発生することもあり

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年1月 7日 (金)

組合「旗開き」にて2等をゲット!

朝職場に行くと、机の上に組合のチラシが置かれていました。
定時での仕事終了後に、社内の職員食堂にて組合の「旗開き」と書かれています。

夕方、仕事を終えた頃、再度組合の幹部からも参加を呼びかけられる。
どうしようかちょっと迷ったが周りの同僚も何人か参加するようなので、便乗して会場に行くこととします。

会場にはOBの方々を初め、職員、管理職、組合関係者などなど、100人を超える方々?が集まっています。
退屈な(怒られてしまいますが)挨拶が過ぎ、乾杯の後、歓談。普段あまりお話しないような方々とも、酔いも手伝いこのときとばかりに色々とお話する。どうも組合は苦手だが、たまにはこんな会もいいもんかですかね。

終盤には“恒例のじゃんけん大会”や“商品のあたるくじ大会”が開かれる。
くじは会場に入場の時に、所属・名前を書いてくじ箱に入れた物を幹事が読み上げていく。

コーヒー券から特等まで11の賞があり、当りは全部で74本。確立は1/2程度か?

くじ運は非常に悪い方なので、期待もせず、飲んでいると、最後のほうの2等賞(3本)「防災セット」の最初に名前が呼ばれる。えっと思っていると、周りの人から当たったよ!と声をかけられる。幹事のところに行き、商品を受け取る。

050107「旗開き」01.jpg

めでたい事と喜びつつも、こんなでかい荷物を持って帰ることと、こんなとこで運を使ってと、複雑な気持ちになる。でも、年の初めなので、素直に喜ぶことにするか!

050107「旗開き」02.jpg 050107「旗開き」03.jpg

家に帰って開けてみると、それなりには使えるかといった感じ。
昨年も色々と災害があったが、我が家では防災セットもつくっていなかったので、防災意識を高めることになるかな~、と感謝です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今朝は「七草粥」!

本日は1月7日、朝飯に「七草粥」を食べました。

言語由来辞典によれば、『七草粥とは、正月七日に無病息災を祈って、春の七草「芹(せり)、薺(なずな)、ごぎょう(別名:母子草)、繁縷(はこべら)、仏の座(ほとけのざ)、菘(すずな)、清白(すずしろ)」を入れて炊いた粥。正月に疲れた胃袋を整えるために食べる。七種粥とも。』と記されている。

最近は、スーパー等でも七草粥セット等といって、この7草が売られている。

我が家の今朝の七草粥はこの様なセットを使ったものではなく、妻の手作りです。
ただ自分で七草を揃えるのは大変なので、正式ではなく変形であったようです。

050107「七草粥」01.jpg 050107「七草粥」02.jpg

でも、朝飯に葉っぱ類の入った粥形式のご飯を食べるのは、昨晩飲んで疲れている胃にとっては、上記の由来のごとく優しい食事で、また美味でもありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年1月 6日 (木)

モツ煮の加賀屋でホッピー!

またまた、兵庫県の知人が東京出張で出ていらっしゃるということで、前回のメンバーが集まり東京は池袋の居酒屋に繰り出します。

場所は池袋「加賀屋」
モツ焼きとホッピーで有名な加賀屋グループの一店ということでした。
あの“加賀屋”として、居酒屋ファンには周知らしいですが、私は恥ずかしながら?知りませんでした。

050106「加賀屋」01.jpg 050106「加賀屋」02.jpg

でも、なかなか好きになりそうな雰囲気のお店でした。
定番のモツ焼きとモツ煮(正式名称は「特製煮込み」でした)そしてホッピー等をいただきました。

050106「加賀屋」03.jpg 050106「加賀屋」04.jpg

2月には恒例の「かにかきツアー」というのが兵庫県の方々を中心に行われており、数年前から時々参加させていただいている。

このツアーは名称の通り、“日本海の蟹”“瀬戸内の牡蠣”を肴に、皆で集まって一泊し、わいわい飲もうというものです。

そのかにツアーでの再会を約束して別れました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年1月 4日 (火)

05’年の仕事始め!

2005年は“酉年”です。あるメルマガの紹介では、

以下、引用

「酉年」の「酉」は、お酒を盛る器を表した象形文字なんだそうです。さんずいを付けると「酒」になりますね。トリ(鶏)とは意味上は何の関係もなく、干支として登場する時にだけ、「トリ」と読まれるんだそうです。中国では古くから、鶏が大切にされてきたようで、何年であっても、元旦を「鶏の日」とし、この日が晴れるとその年の鶏は良く育つ、という言い伝えもあるようです。

引用終了。  という記事がありました。

話は変わりますが、

昨年(2004年)の世相漢字は『災』でしたが、今年は“転じて『福』となす”となって欲しいものです。
いや、そうなるように努力しましょう。

年始の抱負などで、様々な方が発言されていましたが、年始にあたりどのように生きていくかという問いに対しては、やはり“一歩一歩の積み重ね”につきるのでは、と改めて思いました。

最近遠ざかっている登山をしていた時も、しみじみと感じたことです。登っていると、辛い時もあるけれど、自分の歩いた軌跡を顧みた時、そして素晴らしい景色に触れた瞬間の感動!!、これは一歩一歩歩いてきた物にしか、与えられないご褒美なのです。

今年も慌ただしい一年と思いますが、こんな思いを仕事初めの時に、ふと感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年1月 1日 (土)

明けましておめでとうございます!

新年あけましておめでとうございます。

このブログを読んでくださった皆様、昨年は色々とお世話になりました。本年も宜しくお願いいたします。

本日は昨日とはうって変わって、お天気のようです。この天気のように、よい年になることを祈念しております。

今年も、酒飲み・グルメなどを中心に、しょうもないこと、雑談的なことをご紹介していきたいと思っておりますので、宜しくお願いいたします。

コメント・トラックバックもどしどしお願いいたします。

正月休みも残すところ3日ですが、“飲んで~飲んで~”の生活になりますでしょうか!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »