« 今年初の東村山うどん「きくや」! | トップページ | 第51回「竹よし」お食事会は“真鱈”! »

2006年1月13日 (金)

ニコン、銀塩カメラを大幅縮小!

というニュースが発表された。
 ニコン公式発表
 ITmediaニュース
ニュースでは“プロ・ハイアマチュア用のフラッグシップF6と入門向けのFM10を残して銀塩の生産を終了。経営資源をデジタルカメラ事業に集中する。”となっている。
20年来ニコンを愛用し、ニコンの一眼レフで写真を覚えた私にとっては、何とも寂しい思いである。
でも、これも時代の趨勢ということでしょうか。

かくいう私も銀塩を、ここ数年触っていません。
ニコンのデジタルカメラCOOLPIX950が常用となって久しい。
高校生の頃?だったかに最初に購入したFE、そして10年ほど前に購入したF4はじめ、レンズ、アクセサリー類なども戸棚の中で埃をかぶっているような状況です。
ニコン以外にも、デジカメ購入前に常用していたCONTAX Tvsなどもカウンターの隅で埃を被っている(う〜ん、ご免なさい)。
CONTAX(京セラが販売していた)は既に、カメラ市場から撤退?してしまったし。
このE950は、平成11(1999)年3月25日に発売されたもので、デジカメが数十万画素から数百万画素(メガピクセルといっていた?)になって、確か初のニコン製品のひとつだったと思う。当時10万近い値だったが、発売当日に飛びついて購入した物である。
やっと銀塩の代わりになりそうなデジカメが“登場!”と思わせた品である。
それから7年あまり、この業界は大きな発展を遂げ、画素は500万を超えるのは当たり前、700〜800万もザラ(とうとう、1,000万を超えるものも登場している)、しかも値段も5万以下、1,2万でもそれなりの物が買えるようになった。
このこと事態は技術発展による低価格化・高品質化などが並立する、日本のお家芸の面目躍如といったところで、喜ばしいことですが。
しかしながら、私もそろそろ2代目のデジカメ(下記のようにいちおう2代目を持っているのだが)をと思っているが、なかなか琴線に触れる物にあたっていない。
E950が故障したおり(1年ほど前?<05.04.17>参照)に、CanonIXY DIGITAL 600を4万程で購入したが(ニコン党にあるまじき行為?)、どうも好きになれない。
故障が直ると、やはり、ニコンを使い続けている。ので、このIXY 600は自分の中では2代目と思っていない。
E950は、大きい・かさばる、重い(350g・電池別)、単3電池を4本も必要、タイムラグが大きい、機動が遅いなどなど、マイナス面も多々あるのだが、なぜか手放せない。
t_e950-1_i.jpgt_e950-3_i.jpg
多々あるマイナス面を差し引いても、ボディのレンズ部分液晶の部分が回転できるスイベルタイプによるアングルの自由さ、所有欲を満足させる質感などの点が琴線にふれており、手放せない。また、現時点で新しく買いたい、と思わせるものには出会っていない。
現在、このスイベルタイプ(ニコンはスイバルといっているよう)を採用しているボディーは、ニコンの後続品種PENTAXのoptio Xなど数えるほどしかない。

ぐたぐた書いてしまったが、どうも最近は、所有欲や使用感っていうか(オタクっぽい?)、まさに琴線に触れる、満足のできる工業製品を見ることがあまり無くなってしまいましたね。
作り手の意気込みが感じられるような製品を待ちたいですね! う〜ん...無理でしょうか。

|

« 今年初の東村山うどん「きくや」! | トップページ | 第51回「竹よし」お食事会は“真鱈”! »

Goods/デジカメ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ニコン、銀塩カメラを大幅縮小!:

« 今年初の東村山うどん「きくや」! | トップページ | 第51回「竹よし」お食事会は“真鱈”! »