« 武蔵関「うす井」で寄り道! | トップページ | 熟考のうえ?ハモニカキッチン「てっちゃん」に寄り道! »

2006年2月28日 (火)

日曜から仕込んだ“豚角煮”を食す!

2/25の土曜日だったっけ?に街に買物に出かけたときに、スーパーの榛名豚全品半額のコピーを見かけ、思わず買ってしまった、豚バラブロックを、日曜日から調理開始。
食べるのは、平日の夜及びお弁当の見込み!
ダッチオーブンを引っ張り出し、蒸し焼きから開始。
肉が直接鍋肌に触れぬように、鍋の底に適当にくず野菜などを敷く。今日は、大根の切れ端。
適当に酒等をふって、1〜2時間、弱火でふたをして蒸す。
060226豚角煮01.jpg060226豚角煮02.jpg
竹串をさして、すっと通るように柔らかくなったら、鍋を火からおろして、後は冷めるのを待つ。
鍋が冷えてくると、底にたっぷりとラード上に豚の脂が固まるので、それを適当にとります。脂が気になる方は、徹底的にとってください。
驚くほど脂がでます。
その後、肉を洗ってきれいにし、適当な大きさに切って、調味を開始します。
適当レシピでは、ひたひたになるくらいに水・紹興酒などをまず入れ、あれば黒砂糖なども最初に入れちゃいます。醤油は後で入れます。
小一時間煮たのち、醤油を何回かに分けて味見しながら入れていきます。五香粉なども入れてしまいます。あれば八角なんかもいいですね(一気に中華っぽくなります)。
このあたりは適当ですが、弱火で煮含めながらといったところです。味が落ち着いたら、火をとめて冷まします。
冷める時に味が染み込みますので、食べる前に必ず一度冷まします。
ということで、食べるまでに結構時間がかかります。手間は大したことないんですけどね。でも、下手すると台所が脂でべとべとになります。
060226豚角煮03.jpg

060228豚角煮01.jpg060228豚角煮02.jpg

|

« 武蔵関「うす井」で寄り道! | トップページ | 熟考のうえ?ハモニカキッチン「てっちゃん」に寄り道! »

ぐるめ/我が家」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213554/15134709

この記事へのトラックバック一覧です: 日曜から仕込んだ“豚角煮”を食す!:

« 武蔵関「うす井」で寄り道! | トップページ | 熟考のうえ?ハモニカキッチン「てっちゃん」に寄り道! »